夏といえば!

夏といえば!

夏といえば!

日本の夏は、高校野球のためにあると言ってもいいかもしれない。
高校球児たちが真夏に一生懸命野球をしているのを見ると、たくさんの感動が得られる。

 

そういう私も高校球児で、同じように甲子園という夢の舞台を目指したものだ。
選手時代の経験は、大人になった今でも様々なところに生きていると思う。何かひとつをやり続けるってことは簡単なようで意外と難しかったりする。それに、野球をしていなかったら根性も身に付かなかっただろう。
人は誰しも楽なほうへ行きたがる。それは決して悪いことだとは思わないけれど、いつも楽な人生が待っているわけではない。
つらい事、苦しい事、逃げ出したくなるような事が常に身に降りかかってくる。そんなときは、あの辛い練習を乗り越えたときのことを思い出す。

 

限界の先には喜びが待っているはずだ。野球は人生のようなもので、今まで捕れなかった球を練習して捕ったときのように。
仕事や人間関係もそれと同じなのだと思う。

 

悩んで悩んで、その先には必ず喜びが待っている。

ホーム サイトマップ